絵日記

【育児漫画】我が家の寝かしつけ方法(イライラMAX)

新生児を抱えた我が家の寝かし付け

3歳の長女と、0歳3ヶ月の次女がいる我が家。

次女は、お医者さんからのアドバイスのお陰で、割とすぐに寝てくれ様になりました。
基本的に、お腹がいっぱいになるか、腕枕をしてあげると、夜はすぐに寝てくれます。
(お医者さんからの「寝かしつけアドバイス」の内容は、漫画の後です。)

問題は長女。。

保育園で1〜2時間ほどお昼寝をしてしまうせいか、寝つきが非常に悪いのです。

夜な夜な「娘 VS  母」の寝かしつけバトルが勃発する我が家のひとコマをどうぞ!


2児を抱えた我が家の寝かし付けシーン

我が家の寝かしつけシーン1

我が家の寝かしつけシーン2

我が家の寝かしつけシーン3



赤ちゃんの寝かしつけ方法

我が家では、この方法で、かなりの確率で寝てくれます。

✔︎ミルクを上げてゲップを出すために背中をトントンする
✔︎横向きに寝かせ、赤ちゃんの体を母の腕で支えてあげる

次女(3ヶ月)が生後1ヶ月の頃、ミルクをあげた後なのに「フガフガ」してなかなか寝てくれない時期がありました。

「苦しいのかな?」

と心配になり、お医者さんに相談をしたところ、
生後間もない赤ちゃんがミルクを飲んだ後に寝ないのは、お腹が苦しいことが原因のひとつだと教えてもらいました。

胃のキャパが小さいため、仰向きで寝ると、ミルクが上に押し上げてくるそうです。

お医者さんから「横向き寝」を勧められ、実践してると、
まさかの即寝!!

これには、本当に驚きました。

ただし、もしも赤ちゃんが何か拍子にうつ伏せになってしまうと、
呼吸ができなくなったり
SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクもあります。
なので、うつ伏せにならない様、母の腕でしっかりと赤ちゃんの体を支えてあげることが重要です。

以下、助産師さんが監修した「横向き寝で赤ちゃんを安全に寝かせるポイント」です。

 

向きを直す

赤ちゃんが横向きに寝ていて心配なときは、仰向けに姿勢を直してあげましょう。授乳のときや親がトイレなどに起きたときに、チェックしてあげるといいでしょう。

自分で寝返りをしたり動いたりできる時期には、無理に仰向けにしなくてもいいといわれています。でも、歯並びや腕のうっ血などが心配な場合は、気がついたら仰向けにしてあげると影響が少ないでしょう。

下になっている腕を前に出す

横向きになっている赤ちゃんの腕が体の下に入り込んでいると、そのままうつ伏せになってしまう可能性があります。そのため、下になっている腕を前に出しておくといいでしょう。そうすると、うつ伏せの方向に倒れにくく、腕のうっ血も防止できます。

赤ちゃんの周りに何も置かない

赤ちゃんが寝ている場所には、枕やクッション、おもちゃなどを置かないようにしましょう。ベッドも固めのものを使用し、シーツをぴったりと敷きましょう。ふわふわした寝具やクッションなどは窒息の原因になります。万が一、赤ちゃんが横向きやうつ伏せで寝てしまっても、口や鼻を塞ぐ可能性があるものを置かなければ、窒息のリスクは下がります。

赤ちゃんの横向き寝、危険性や注意点とは? 安全な横向き寝のやり方」より引用

赤ちゃんの寝かしつけにお困りの方は、リスクや注意点を把握した上で、横向き寝にトライしてみてはいかがでしょうか?

人気記事「【徹底解説】B型ベビーカーYOYOの魅力」も宜しくです!

-絵日記
-,

© 2021 ママるんの育児奮闘記 Powered by AFFINGER5