出産・育児

【子連れグランピング】静岡「時之栖」が最高過ぎた!写真満載レビュー

2021年4月、長女(3歳)と次女(0歳5ヶ月)を連れ、家族4人で「御殿場高原 時之栖」へグランピングをしに行きました。

夫も私もグランピングは初めてだったのですが、親も子供も楽しめて大満足の旅行となりました。

静岡のグランピングを探している方、
子連れでグランピングに行きたい方は、この記事を読んで頂ければ嬉しいです。

時之栖を選んだ理由

次の理由で「御殿場高原 時之栖」を選びました。

・東京の自宅から電車で行けてアクセスが良い

・大きい温泉を利用できる

・大人も子供も楽しめる


御殿場高原 時之栖」は、東京駅から新幹線で三島駅まで行けば東京駅から1時間半弱で着くという好立地。

しかも、三島駅・御殿場駅からは無料の送迎バスが出ているので、御殿場のアウトレットでお買い物などを楽しんでから向かうこともできるのです。

また「温泉」も大きな決め手の一つでした。

露天風呂・大浴場はもちろん、炭酸泉や薬草湯、死海の原塩のお風呂など、とにかくお風呂の種類が豊富です。


また、麦飯石サウナや備長炭サウナなどもあります。
しかも、赤ちゃんと一緒に入れるお風呂や、ベビーバスまで用意されており、赤ちゃん連れに優しい温泉なのです。

そして、最重要ポイントの「大人も子供楽しめる」。
時之栖は、子供が楽しめるアクティビティやスポットが充実していますし、大人も高原ビールや温泉などで十分に楽しめます。

広い敷地には、大人も子供も楽しめる工夫がふんだんに施されています。

時之栖のHPより引用

子連れグランピングの持ち物とアメニティ

私たちの持ち物

夫婦+赤ちゃん(5ヶ月)+子供(3歳)でのグランピングデビューは、次の持ち物を準備しました。

・哺乳瓶5本 
・固形粉ミルク2日分 
・オムツ2日分 
・着替え・パジャマ
・上着(夜は寒い)
・消毒液 
・歯ブラシ
・水筒(ミルク用)

宿からは「タオルは備え付けが無い」とメールが来たのですが温泉で無料レンタルができました
温泉に歯ブラシもあったので、歯ブラシは持って行かなくて良かったです。

また、24時間開いている受付で「お湯」がもらえるので、水筒にお湯を入れて、ミルクを作りました。
24時間開いている受付は↓こちらの「Blue  Berry Lodge」です。

Photo by mamarun

 

アメニティ

続いて「グランピングテントサイト(グランピングの宿泊施設)」と「温泉」のアメニティをご紹介します。

Photo by mamarun

グランピングテントサイトのアメニティ

・電源1つ
・手持ちランタン1つ 
・BBQセット一式
(コンロ、お皿、箸、食材)
・ストーブ1台
・消毒用のアルコール霧吹き

「電源」は1口のみ&電圧弱いです。
ドライヤーなどは使えず、スマホを充電する程度だと考えておくと良いかと思います。
ドライヤーは温泉に備え付けられているものを使えます。

「手持ちランタン」は少々暗いです。
私たちは19時からバーベキューをしたのですが、20時頃になると真っ暗になるので、このランタンでは手元が良く見えず、スマホの明かりを使っていました。

トイレは、徒歩2分ほど先の暗い場所にあるので、夜中にトイレに行く際にも、このランタンだと良く道が見えませんでした。

明るい懐中電灯を1つ持って行くことをお勧めします。

参考までにですが、我が家で購入した懐中電灯はこちらです。

これなら十分明るいので、夜中のトイレも安心です。

ちなみに、トイレは、グランピング施設から徒歩2分くらいの場所で、プレハブ小屋のような建物内にあります。
トイレは清掃が行き届いており綺麗で、ウォシュレット&トイレットペーパー付きです。

但し、周囲がくらいので、夜中に子供が1人で行くのは難しいです。

本題に戻りますが、宿泊施設から提供された「BBQセット」こちら。(奥に写っているのがランタン)

Photo by mamarun

食材が足りない場合は「手作り工房」で買い足しができます。

グランピングテントサイトの室内は↓こんな感じです。

Photo by mamarun

Photo by mamarun

温泉のアメニティ

・ドライヤー 
・シャンプー・リンス・ボディソープ
・歯ブラシ
・バスタオル(1人1枚)
・フェイスタオル(枚数制限なし)
・ベビーバス
・ベビーチェア

これらは全て無料です。
ダイソンのドライヤーだけは有料(10分100円)で設置されていました。

バーベキューセットは全て準備されている上に、温泉も手ぶらで行けるので、少ない持ち物でグランピングを楽しめるのが時之栖の魅力の一つです。

また、赤ちゃんと一緒に温泉に入れるのも嬉しいです。(大浴場は赤ちゃん不可)

時之栖のイルミネーション

時之栖はイルミネーションがとても綺麗です。
実際に写真を見て頂ければ、綺麗さが伝わると思いますので、写真を並べます。

宿泊施設周辺のイルミネーション

Photo by mamarun

Photo by mamarun

Photo by mamarun

Photo by mamarun

ウォーターショー

予想を遥かに超えて綺麗だったのは、ウォーターショーです。
ウォーターショーで有名なシンガポールにも全く負けていません

グランピングの宿泊施設のすぐ横にあるのも嬉しいです。
また、宿泊者は無料で鑑賞することができます。

時之栖に訪れた際には、必ず見て頂きたいスポットです。

結構、水が飛んでくるので、温泉で無料レンタルをしている傘を持って観ることをお勧めします。
私たちは傘を持たなかったので、全員ビショビショ。
温泉に入り直すハメになりました。

 

子供が遊べるスポット

時之栖は、大人だけでなく子供も目一杯に楽しむことができます。

うちの長女(3)も、身体を沢山動かして遊んで、すっかり楽しんでいました。
2日目の朝、起きてすぐに
「またここに来たいな」
と言うほど、気に入ってくれた様です。

ここでは、子供が遊べる時之栖内のスポットをご紹介します。

広場のショー

レストランや出店が並ぶ広場では、日によって様々なショーを開催しています。

私たちが行った日には「木琴の演奏」と「わんわんサーカス」がやっていました。

「わんわんサーカス」は有名なTV番組の『嵐にしやがれ』や『志村動物園』にも出演をしたことがあるという、有名なサーカス団でした。

コロナが無ければ、ミュージカル『アニー』にも出演する予定のわんちゃんもいるとか。

長女はすっかり気に入り、2日目も最前列で鑑賞をしていました。

『サーカス』は、動物虐待などのネガティブなイメージもありますが「わんわんサーカス」は違います。
犬が芸に失敗をしても決して叱らず、成功をした時は全力で褒めてあげていました。
座長と思われる方が、ショーの最後に
「私たちは、わんちゃん達を心から愛していると誓います」
と仰っていたのが印象的でした。

次回は、いつ時之栖に現れるか分かりませんが、「わんわんサーカス」のショーが開催されるなら、見に行くことをお勧めします。

Photo by mamarun

Photo by mamarun

水中楽園「Aquarium」

こちらは、約200種、4,500匹もの金魚を展示した日本最大級の金魚水族館です。
この施設は有料ですが、行く価値があります。

金魚の展示のほかにも「金魚すくい(料金別途)」や「メダカの放流」ができるので、子供も楽しむことができます。

Photo by mamarun

Photo by mamarun

Photo by mamarun

王宮の丘

グランピングの宿泊施設のある「王宮の丘」には、トランポリン・ミニボルダリング・空中ブランコ・うんてい・バスケットコートなど様々なアイテムがあります。

ボールは無料でレンラルできるので、家族でボール遊びもできますよ。

見ている限り、子供達に1番人気なのはトランポリンでした。

うちの娘も、何十分もトランポリンで飛び跳ねて遊んでしました。

Photo by mamarun

Photo by mamarun

Photo by mamarun

時之栖HPより引用

グランピング施設からの眺望

富士山を目の前にした宿泊施設からの眺望は最高です。

グランピング施設のある「Out  Door  Hill Village」に足を踏み入れた途端に広がる景色を眺め、夫婦で
「ここに来て本当に良かったね」と言いました。

夕日も、朝やけも本当に綺麗です。

眺望のお陰で、日常の喧騒を忘れ、リラックスしたひとときを過ごすことができました。

Photo by mamarun

Photo by mamarun

料金と設備

「御殿場高原 時之栖」には、グランピングのほかにも様々な宿泊施設があります。

ここでは、各宿泊施設のシステムと料金をご紹介します。

Out  Door  Hill Village

キャンプやグランピングの初心者でも安心して遊べるスペースが「Out  Door  Hill  Village」です。

ここには、今回私たちが宿泊をした「グランピングテントサイト」と「フリーキャンプサイト」の2つの宿泊施設がありますので、それぞれご紹介します。

■グランピングテントサイト

富士山の眺望や噴水ショーが目の前という立地。

本格的BBQが手軽に堪能できる上に、冬でも安心の暖房が完備されたテントで宿泊ができます。

小さいお子さんがいる家族にお勧め

時之栖HPより引用

時之栖HPより引用

時之栖HPより引用

■フリーキャンプサイト

「日本最高峰」という謳い文句の天然芝でできたフリーキャンプ場。

自分好みにアレンジしてキャンプを楽しめます。

キャンプセットを持っている中級〜上級者の方にお勧め

時之栖のHPより引用

時之栖のHPより引用

時之栖のHPより引用

 

山羊の丘コテージ

2021年3月のOPENされたばかりの宿泊施設。

富士山を背に、ウッドデッキでBBQや御殿場高原ビールを堪能することができます。

客室内にはハンモックがあり、常設ミニテントでプチキャンプ体験を楽しむことこともできます。

時之栖のアクティビティを味わい尽くしたい方にお勧め

時之栖のHPより引用

時之栖のHPより引用

 

スローハウスヴィラ

時之栖のHPより引用

Out Door Hill Villageのすぐ隣に位置するスローハウスヴィラ。
ここでも、すぐ隣で噴水ショーを観ることができます。

屋内の施設に宿泊をしつつキャンプ気分を味わいたい方にお勧め

時之栖のHP

その他の宿泊施設

「ホテル時之栖」や「ブルーベリーロッジ」など、他にも様々な宿泊施設を利用することができます。

季節や人数によって、宿泊施設を使い分けることができる点が便利ですね。

 

時之栖の口コミ

Twitterでツイートされている時之栖の口コミの中から「話題」に表示されている上位5つの口コミをご紹介します。

総じて高評価なことがわかります。

https://twitter.com/pyok04/status/1408814895798255619?s=21

https://twitter.com/sorano_gohan/status/1406213271703539715?s=21

https://twitter.com/bot_softserve/status/1405902764065144837?s=21

https://twitter.com/onigiritocola/status/1407211213453365251?s=21

 

時之栖はこんな人にお勧め

魅力満載の時之栖。
次のような人にお勧めのスポットです。

こんな方におすすめ

  • グランピング・キャンプの初心者
  • 子供と一緒に楽しみたい
  • 温泉・自然が好き
  • 東京から気軽にグランピングに行きたい
  • 手軽に非日常の空間で癒されたい
  • 大人数でグランピングをしたい

我が家では、今月行ったばかりなのに、既に「次はいつ行くか?」を話し合っています。
大人も子供も楽しめて、都心から手軽に行ける「時之栖」は、本当にお勧めです。

 

 

-出産・育児
-,

© 2021 ママるんの育児奮闘記 Powered by AFFINGER5