ブログ 出産・育児

【実体験】 帝王切開の痛み(いつまで?どれくらい?痛み止めは?傷跡は?)

帝王切開での出産が決まっている方、正直めちゃめちゃ怖いですよね?

我が子にやっと会える楽しみはあるものの、自分の腹を切る「恐怖」・ 術後に控える「未知の痛み」・ その痛みに耐えながらの「子育て」。

大半の人が自分のお腹を切ったことなど無いので、未知の恐怖・不安でいっぱいになるかと思います。

私も、帝王切開の手術日が近づくにつれて、そんな感情で頭がいっぱいになりました。

夜な夜な泣きながらスマホを片手に帝王切開の「出産レポ」や「痛み」について読み漁っていました。

しかし、今では帝王切開で第二子を出産した母になりました。

下の子の手術の時には、一部麻酔が効いていないというトラブルがあり、地獄の苦しみを味わったため、「帝王切開」の中では壮絶な出産を経験した部類に入るかなと思います。

また、第一子の出産後は、術後の痛みが大き過ぎて産後鬱になってしまいました。

そんな経験をしたからこそ、同じ想いをする方が1人でも減る様に、このブログを書きます。

この記事を読むと分かること

✔︎ 痛みの程度はどれくらいなのか?(手術中・手術後)  

✔︎ 痛みはいつまで続くのか? 

✔︎ 痛み止めは何を使うのか、ちゃんと効くのか?  

✔︎ 傷跡はどれくらい残るのか?

ちなみに、私は1人目を大学病院で、2人目をクリニックで出産しました。

同じ【予定帝王切開】でしたが「手術の痛み」や「痛み止めの処方」が、それぞれの病院で大きく異なりましたので、【総合病院】と【クリニック】両方の体験談をお伝えします。

手術中の痛みの程度(麻酔が効かない?!)

しっかり麻酔が効いていれば、当然、手術中に痛みはありません

しかし、麻酔がしっかり効いていないと、お腹をじわじわと焼かれるような地獄の苦しみを味わってしまいます
これは、もう痛いなんてもんじゃないです。

ここでは、そうならない為の注意事項も記載していますので、帝王切開をする予定の方は、ぜひご一読を、、、!!

麻酔の方法ですが、上の子も下の子も「硬膜外麻酔」でした。

「硬膜外麻酔」とは、背骨の中にある脊髄付近「硬膜外腔」という場所に麻酔薬を入れ、痛みを無くす、または軽くする麻酔法です。

手術をする箇所によって、麻酔薬を入れる背中の箇所を決め、
カテーテルを入れ、麻酔薬を注入します。

カテーテルを入れる際は、痛み止めを使うため、ほとんど痛みを感じません。

「なんか冷たいな」程度です。

 

第一子(大学病院)の時は、しっかりと麻酔が効き、手術の触感はあるものの、痛みは全く感じませんでした。
とはいえ、切られている感覚、皮膚が引っ張られている感覚ははっきりとするため、
手術中はずっと不快感決を感じていました。

以下、「EPARK (くすりの窓口)」からの引用ですが、
麻酔は効いても、触感は残るというのがスタンダードの様なので、
「麻酔するから何も感じないでしょ!」
と思っている方は、心の準備をしておくことをお勧めします。

局所麻酔薬が効く際には、細い神経から麻酔効果を発揮するという法則があります。
人間の感覚神経を分類すると痛覚・温覚・触覚という3つに分かれ、
麻酔がかかる順番も痛覚→温覚→触覚の順番となります。

そのため、一番麻酔がかかりにくい触覚は残り、皮膚を触られたり引っ張られたりする感覚はあるまま手術となるのです。

第二子(クリニック)の時は、一部、麻酔が効いていない箇所がありました
手術室へ行く直前に、たまたまSMARTニュースで、帝王切開手術で麻酔が効かなかった人の体験談を目にしました。

「これから手術なのに、とんでもない記事を読んでしまった」

とは思ったものの、自分も同じ経験をするとは、夢にも思っていませんでした

手術室に入り、脊髄にカテーテルを通す処置をして数分後、体に氷を当てて麻酔を効いているかチェックをされました。(第一子の時も同様)

医者「冷たさを感じますか?」
私「感じません」

そんなやりとりが、つま先から始まり、心臓の下あたりまで続くのですが、腹部に氷が来た時、どうもおかしいと感じました。

明らかに冷たいのです。  

医者「冷たさを感じますか?」
私「・・はい。冷たいです。」

この時、「冷たいと感じてはいけない」という謎の空気感があったのですが(勝手に自分が感じただけ)、勇気を出して「冷たい」と言ってみました。

医者「おかしいな・・・もう1回聞きますよ?」

と言うと、麻酔が効いていない腕に氷を当て、

医者「冷たいですよね?」
私「はい」

再度腹部に氷をあて

医者「腕と同じくらい冷たいですか?」
私「・・・・同じではないですが、冷たいです」
医者「おかしいな・・・もう1回聞きますよ?」

このやり取りを3回くらい繰り返した時、私は誤った考えをしてしまったのです。

「足先(麻酔が効いている)に比べると、腹部は冷たく感じるけど、腕(麻酔をしていない)よりは冷たくない。
 そもそも、足先と腹部の感度は同じだったっけ?

 腹部の方が感度が良いなら、感じる冷たさにも差があるのかもしれない
 腕に比べたら冷たさは鈍いから、もうこれで良しとしよう

このような、謎の解釈をしてしまったのです。

母子の命を預ける重要な手術を目前に、なぜこんな考えに至ったのかは、いまだにわかりません。

私「腹部も冷たくないかもしれません。」 
医者「では、手術を始めましょう」

そして、手術は始まってしまいました。。
子宮を切られた時は、第一子同様、感触はあるもの、痛みはありませんでした。

しかし、赤ちゃんを引っ張られる時や、傷を縫合する時に触れる腹部の上の方は    激痛が走りました。

私「先生、痛いです・・」

力をふり絞って、声を絞り出しました。

医者「どこが痛いですか?」

どこが痛い・・・?

腹全部痛い。

腹のどこが痛いかなんて分からない。

考えられないし、その言葉を発することもできない。

私は、脂汗と涙でぐしょぐしょになり、恐怖と痛みで痙攣し、吐くのを必死で耐えました。

私に取り付けられていたチューブは、脂汗で剥がれてしまい、助産師さんが何度も何度も 付け直してくれました。

手術中は、大量の血液が流れるので、第一子の時は手術中に寒くなり震えていましました。

しかし、2人目の時は、恐らく流れる血の量はあまり変わらないはずなのに、痛みで全身が熱くなったのです。

思い出しただけでも、怖くて体がこわばります。

こんな話をすると、余計に怖くなってしまうと思いますが、敢えて包み隠さずに書いています。

私と同じ経験をしないためにも、
どうか 麻酔が効いているかのチェックは厳し目にしてください。
謎の忖度はいりません。

もし、少しでも「冷たい」と感じたら、この話を思い出して頂き、
「冷たさ」が無くなるまで待つか、麻酔を追加してもらうかしてください。

あの拷問のような痛みを味わう人が、ひとりでも減ってほしいと切に願います。

 

術後の痛みの程度・痛みの継続期間・痛み止めについて

第一子(大学病院)の時は、最初の三日間に処方されたカロナールが全く効かず、3日間は少しも動きたくないほどの痛みでした。

また、傷が癒着しないために、手術翌日から歩行訓練をした際には、あまりの痛みに涙が溢れました。

しかし、4日目に、院内で出会った帝王切開2人目のママに 「カロナールは全然効かないからロキソニンが欲しいって言いな」とアドバイスされ、言われた通りにしたら嘘のように痛みは引いていきました。

全く痛くなくなったというわけでは無いですが、何かに掴まりながらゆっくり歩行すれば、歩くことはできるという程度。

「くしゃみ」や「笑い」をすれば激痛が走ります

(カロナールとロキソニンの違いは、こちらのサイトが分かりやすかったです)

また、当時は身体の痛みで何もできないことが、精神的に大きな負担でした。

母子同室になった際、赤ちゃんが泣いても、起き上がって様子を見ることができない。

できるのは、ただナースコールを押すだけ

赤ちゃんを産んだら、良いママになって、ちゃんと自分でお世話をするって決めていたのに、何もできないもどかしさ。

この時は、毎晩泣いていました。(今思うと、産後鬱)

でも、もしも今、当時の自分に話しかけられるなら、こう言いたいです。

「焦るな。
 退院後は、嫌でも休む暇なく赤ちゃんのお世話が待っているんだから、今は助産師さんに甘えて、ゆっくり寝とけ」

と。

ちなみに、術後1ヶ月は徒歩5分のコンビニに行くのもやっとな状況でした。  

 

次に、第二子(クリニック)の時は最初からロキソニンを処方され、手術翌日から、普通に生活できるレベルの痛みでした。

歩行訓練も、すぐに部屋中を歩け、トイレも問題無く1人でいけました。

2人目だからか、
手術中に麻酔が効かなかったからか(一説では、麻酔が薄い方が体の回復が 早いとか)、
最初から痛み止めを沢山くれたからか、、
第一子の時よりも、術後の回復が明らかに早く、痛みも少ない

確かなのは、クリニックの方が、術後の痛み止めを惜しみなくくれました。

体の痛みが無いと、心に余裕がで2きて、1人目の時よりも心から我が子を可愛がることができましたし、助産師さんに赤ちゃんを預け、ゆっくりとシャワーを浴びる余裕もありました。

手術から7日で退院したのですが、退院日には1人で階段をスイスイ登ることが出来て「1人目の時では考えられない回復っぷり!」と自分でも驚きました。

帝王切開、術後の傷跡

第一子の時は、退院から1ヶ月後くらいに紫色のミミズ腫れ(ケロイド)になり、かなり目立ちました。

傷が腹部の下の方なので、水着や下着には隠れる位置です。

でも、雨の日や暑い日はケロイドが痒くなり、辛かったです。

第二子では、お医者さんから

「前回の傷は、キレイに切り取ってあげますからね」

と言われました。

実際、第一子の時の分厚いケロイドは、かなり細くなりました。
第二子の術後4ヶ月でこれくらいです↓

ちなみに、第一子の時は、術後2年経っても、これよりも2倍くらい傷に幅がありました。

実は、私の姉も2人の子供を帝王切開で出産しているのですが、私と同様、2人目を出産後、傷が小さくなっていました。

「もっと傷跡を綺麗にしたい!」

という方は、帝王切開の傷を修復する【Ato  Fine(アト ファイン)】というテープがあります。

ちなみに、私は第二子出産後、3ヶ月経ってから知りました・・・。

貼り始めてまだ3日なので、効果のほどは分かりませんが、帝王切開をした方の多くが購入されているそうです。

Googleで「帝王切開 傷 テープ」と検索すると、ご覧の様に、1番上に表示されます。

 


手術直後から貼るのが効果的な様です。

私は術後3ヶ月なので、遅すぎですが、ダメもとで楽天でポチり、トライ中です。
テープ交換は5日に1回、つまり5日間はテープを貼ったままで良くて、お風呂に入っても全くテープが剥がれないので、かなり快適です。

【 メール便 送料無料 】 アトファイン ニチバン 帝王切開の傷 手術後 傷 傷あと 保護 ケアテープ 日本製 ニチバン

価格:1,475円
(2021/2/4 23:55時点)
感想(881件)

1箱使い切ったら、効果の有無を追記しますね。

これから帝王切開をする方へ

子供に会うのは楽しみだけど、経膣分娩ができ無いことに、落ち込んでいる方はいますか?

私は、そうでした。

帝王切開を否定している訳では無いのですが、せっかくのお産、
どうせなら「普通分娩」と呼ばれる「経膣分娩」を経験したかった、というのが本音でした。

でも、漫画「コウノドリ」で、こんな言葉を見つけて、救われました。

赤ちゃんの為にお母さんがいるんじゃない。
お母さんがいるから赤ちゃんがいるんだよ。
帝王切開を受ける妊婦さんは自分のケガや病気を治すためでもなく、赤ちゃんを守るためだけに命を懸けて自分から手術台の上に上るんです。帝王切開は立派なお産です。

自分の子供のためだけに、自分のお腹を切ろうとしているママたち。
どうか、自分のお産に誇りを持ってください。 

まとめ

✔︎ 手術中の痛み
→ 麻酔が聞けば痛さは無く感触だけ。
 効かなければ地獄の痛さ。
 麻酔が効かないという事態にならない様、手術前の麻酔が効いているかのチェックは厳し目にやる

✔︎ 術後の痛み
→鎮痛剤が「カロナール」の場合は、痛みの継続が長く、術後3日経っても歩くのがやっと。
 「ロキソニン」の場合は、痛みの継続は短く、術後3日経てば、ゆっくり歩くことができる。

✔︎傷跡
→1人目よりも2人目の方が傷跡が小さくなる傾向があるかもしれない。
 2人目の術後3ヶ月の傷跡は写真の通りだが、もっと傷跡を綺麗にしたい方は、【Ato  Fine(アト ファイン)】というテープが有名らしい。(ママるんは効果検証なか)

 

【 メール便 送料無料 】 アトファイン ニチバン 帝王切開の傷 手術後 傷 傷あと 保護 ケアテープ 日本製 ニチバン

価格:1,475円
(2021/2/8 10:30時点)
感想(887件)

帝王切開の費用(自己負担金)や保険については、こちらのブログを見てください!

知らないと損する保険の話を盛り込んでいます。

また、私が強くおすすめしたいB型ベビーカー、BABYZEN YOYO(ヨーヨー)の徹底解説も人気記事です。
これからベビーカーの購入を検討している方は、是非こちらの記事も読んでみてください。

この記事への感想やご意見がございましたら、コメント欄へお願い致します!
ドシドシお待ちしています。

-ブログ, 出産・育児
-, ,

© 2021 ママるんの育児奮闘記 Powered by AFFINGER5