出産・育児

【2021年版】伊東オレンジビーチの混雑状況&ウォーターパーク体験レポ

東京から気軽に行けて、子連れでも楽しめる海「伊東オレンジビーチ」。

オレンジビーチから徒歩5分の場所で生まれ育った「オレンジビーチのプロ」の旦那と、子供2人(3歳と0歳)を連れて行って参りました!
(夫婦はコロナのワクチンを摂取済み&PCRで陰性判定を確認済み)

気になる「混雑状況」や「ウォーターパークの体験レポ」を写真満載でご紹介します。

実際に行った人にしか分からない「ウォーターパーク」のお得な情報も掲載しています!

伊東オレンジビーチの基本情報

Photo by Mamarun

伊東駅から徒歩3分、温泉や宿泊街からもすぐのアクセス抜群な立地になるオレンジビーチ。

2021年時点では、海の家が5軒ほどあるのでシャワーや食事にも困りませんでした。

バナナボートなどのアクティビティを楽しむこともできます。

オレンジビーチの基本情報 住所:〒414−0002 静岡県伊東市湯川〜松原

アクセス(車)
:「石橋」ICから約1時間

駐車場
:あり(なぎさ駐車場)、103台収容可
※イベント開催時等は利用不可

駐車場料金
:最初の1時間200円、30分ごとに100円プラス

備考
花火=22時以降音の出る花火禁止
BBQ=火気使用禁止
キャンプ=禁止
ジェットスキー=遊泳区域内不可
ペット=同伴可(要リード)、入水禁止
サーフィン等=不可

伊東オレンジビーチの混雑状況(2021年7月時点)

2021年は7月22日の海の日に海開きをしたオレンジビーチ。

翌日の7月23日に、早速一家でオレンジビーチへ繰り出しました。

江ノ島や、伊豆の白浜に行き慣れている私にとっては「なんて空いているの!!」という印象。
一方、オレンジビーチの間近で生まれ育った旦那にとっては「混んでいる」という印象。

混雑状況の印象は、普段行っている海によって違いそうなので、実際の写真を見てみてください。

2020年7月23日の13時頃のオレンジビーチの様子です。

Photo by mamarun

Photo by Mamarun

Photo by Mamarun

いかがですか?

遅めの13時に到着したのに、余裕で場所取りができました。

子連れには丁度良い?オレンジビーチの海の特徴

続いて、子連れにとっては気になる「波」や「深さ」など、海の特徴をご紹介します。

オレンジビーチの海の特徴は「遠浅」で「波が穏やか」なこと。

写真をご覧いただければ分かると思いますが、3歳児でも足が付く位の深さの場所が続きます。

Photo by mamarun

Photo by Mamarun

親と一緒に行動すれば、子供も安心して楽しめるのがオレンジビーチの特徴です。

また、子連れが多い為、足がつかない程の深さまで沖に行く人はいませんでした。

その為、万が一、沖まで流されてしまったとしても、かなり目立つ為、すぐに監視員が気がついてくれそうです。

これも、江ノ島や白浜では考えられらないことだと思います。
(この2つの海は、ウェイウェイ系が沖まで行ってはしゃいでいるので)

子供が大喜び?!オレンジビーチのウォーターパーク

オレンジビーチといえば、子供が見たらテンションUP間違いなしの「ウォーターパーク」。

今年は、我が家も長女(3歳)と旦那が初参加してきましたので、基本情報や感想をご紹介します。

ウォーターパークの基本情報

ウォーターパークは、「滑り台」「大型のシーソー」「巨大トランポリン」など、計20種類ほどの遊具で構成されています。

ウォーターパークの基礎情報

開催期間:2021年7月22日(木)〜2021年8月24日(火)

料金:大人(高校生以上)1,300円
   小人(中学生以下)1,100円
   伊東市民(一律)500円

※海の家(マリア)で100引の割引券を配布していました。
 海の家を利用しなくても、パラソルのレンタルや食べ物の購入などだけでも配布しているそうです。

営業時間:10時〜16時(最終受付15時)

定員:1回20名

入れ替え時間:1回50分

駐車場:あり(なぎさ駐車場)

利用条件:小学3年生以下の子供には20歳以上の保護者の同伴が必要。(大人1名につき子供2名まで)

問い合わせ先:ウォーターパーク受付(080−2623−1389)

ウォーターパークの感想

3歳の長女には少し早かったようです。

参加している子供たちの年齢層が5歳くらい〜小学校低学年くらいまでが多く、遊具の大きさもその年齢層用に作られているようでした。

長女は、割とすぐに怖がってしまい「もう辞める〜」と早々に離脱(笑)。

普段から少し怖がりな娘なので、3歳児でも楽しめる子は居ると思います。

ただ、1人で歩けない子はほぼ楽しめないと思います。

オレンジビーチを子連れで楽しむなら・・・

この記事の前半に掲載した写真を見て頂くと分かる通り、大半の方が「サンシェード」を持参しています。

パラソルをレンタルすることも可能ですが、1台2,000円もするので、あまりお勧めはしません。

2日続けてサンシェード無しでオレンジビーチに繰り出した我が家は、パラソルのレンタルだけで4,000円も使ってしまいました。。

サンシェード買えるやん・・・という価格ですね。

参考までに、3日目にして我が家が購入したサンシェードをご紹介します。

選んだポイントは「広さ」「ワンタッチで開けること」「価格」です。

このテントなら、3〜4人のテントにしては広めに設計されている上に、設置が超簡単、楽天なら6,290円(送料込)で購入できます。

まとめ

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
この記事の要点をコンパクトにまとめてお伝えします。

この記事の要点

✔︎伊東オレンジビーチは混雑していない
✔︎ウォーターパークは海の家で割引券を配布している
✔︎サンシェードを持参して行くことをオススメ!

まだまだコロナが猛威を振るっていますので、ソーシャルディスタンスやマスク・手洗い等の感染対策を万全にした上で、楽しんで頂ければと思います。
また、事前に公式HPで最新情報をご確認頂くことをお勧めします。

ちなみに、まだまだダイエットを諦めていない方は、即効性があってリバンドもしにくい、こちら↓のダイエットがお勧めです!

-出産・育児
-,

© 2021 ママるんの育児奮闘記 Powered by AFFINGER5